AII for Oneのこと①

こんにちは。

今回も珠城さんを楽しく振り返っていこうと思います!

 

作品はこちら

 

↓↓↓

 

2017年『AII for One〜ダルタニアンと太陽王

作・演出 小池修一郎

 

f:id:acco11:20210806014131j:image

 

【銃士隊のダルタニアン(珠城りょう)は剣の腕を見込まれ若き国王ルイ14世の剣術指南役を仰せつかる。

ところが真っ直ぐで曇りない性格のダルタニアンは、熱心に稽古をするあまり誤って国王陛下にケガを負わせてしまう。

三銃士のアトス・アラミス・ポルトスは落ち込むダルタニアンを励ますために酒場へと連れ出すが、彼はそこで1人の愛らしい娘と出会う。

ダルタニアンと心を通わす氏素性を隠す不思議な娘…実は彼女こそルイ14世の本当の姿だった!

運命のいたずらで男装の国王陛下となっていたルイーズ(愛希れいか)。彼女を本来の姿に戻すためには行方不明になった双子の片割れ、本物のルイを探すしかない。

枢機卿マザランの権謀渦巻くフランス王宮、睨みをきかせるのはマザランの甥で銃士隊と敵対するベルナルド。

ダルタニアンと三銃士はルイーズを助け出せるのか?!恋と冒険の旅が始まったー】

 

 

 

あー、あらすじ書いてるだけで楽しい(笑)明朗な勧善懲悪ストーリーで正直ご都合主義的なところも多々あるのですが、楽しいからまぁいっか!ってなるやつですね(きっぱり)。

 


そりゃ珠城りょうなんだから生き別れた双子の片割れも秒で見つけるし、見つけた男の子を見て珠城りょうが「男女の違いはあっても瞳の輝きは変わりない!」って言えば「そうだろうな」って納得できるんですよね。

この人のこういう多少強引な展開もねじ伏せちゃう力技、ほんと好きです(笑)やっぱり宝塚の主人公はこうでないと!

 


「正義は勝つ」

まさにこの主人公は「正義」なのです。

 


愚直なまでに正攻法で、信念を貫く無敵のヒーロー、ダルタニアン。珠城さんのためにあるようなお役でしたね。

 

 

 

後に『AII for One』について珠城さんご本人が「一番素の自分に近い」とお話されていましたが、多分珠城さんをよく知らない人にとってもダルタニアンが珠城さんのパブリック・イメージなのかなって思います。

朴訥とした好青年、若く無垢なヒーロー。たしかにそれも珠城さんの魅力のひとつなのですが、このパブリック・イメージがね…時として彼女を苦しめた面も否定できないんですよね。

 


まぁ、珠嫁としては「フフフ、そこが沼の淵とも知らずに…おバカさんね、早くこっちにいらっしゃい…」ってほくそ笑んでましたけどね(怖い)

続く(続くんかい)